依存症|こども発達障害ケアセンター

依存症


依存症とは様々な悪影響にもかかわらず止められない状態です。仕事、食物、性、ギャンブル、薬物の5種類があります。依存症には内的依存と外的依存があります。内的依存とは気分や感情に影響する行為によって体内で生じる化学物質に依存するものです。仕事、食物、性、ギャンブルは内的依存です。薬物は外的依存で外部から体内へ気分や感情に影響する物質を取り入れてそれに依存します。

発達障害、強迫性障害にも共通の異常遺伝子の存在が報告されており、これらは気分や感情に影響を及ぼす行為に対する内的依存と考えられています。

Copyright 2020 こどもハウス:こども発達支援ケアセンターの自然で安全な手段によるケア